So-net無料ブログ作成
検索選択

UbuntuにMac OSX風のDockメニューを導入 [Ubuntu]

「Avant Window Navigator」が使えなくても、これで何とか。。。

視覚効果やコンポジット・マネージャー(Compositing Manager)が使えなくても、同じようにMacOSのようなDockメニューが味わえるツールをみつけました。

Cairo-Dock に関するまとめ « Kawaji’s Weblog
BerliOS Developer: Project Summary - Cairo-Dock

上記サイトにて、インストールから各種設定まで詳しく解説されており、簡単に利用できました。

「システム設定」→「Synapticパッケージ・マネージャ」を開いて、「設定」→「リポジトリ」にてサードパーティのソフトウェア・ソースを追加してから、パッケージである「Cairo-dock」と「cairo-dock-plug-ins」を検索してからインストールする方法とdebパッケージをダウンロードしてインストールする方法がありますが、debパッケージの方がGUIよりダウンロードしたファイルを右クリックしてインストールできるので簡単かも。

デフォルトでもいい感じのテーマが揃ってますが、以下のようなテーマもあります。

Mac OSX Leopard Cairo-Dock theme GNOME-Look.org
たわごと: Cairo-Dockのテーマ

ダウンロードして解凍したら、ディレクトリごと

~/.cairo-dock/themes/

に保存すると、Cairo-Dockの「テーマ管理」にてプルダウンメニューから新規テーマの選択が可能になります。

個人的には、今回新規で導入した「Mac OSX Leopard」が好かなぁ。
「_MacOSX_」とは甲乙つけがたいような気もしますが。

ちなみに、Windowsでも「RocketDock」や「ObjectDock」や「RK Launcher」のようなアプリケーションがあるようです。
タグ:MAC ubuntu
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。