So-net無料ブログ作成
検索選択

「教諭」と「教師」 [雑記]

「先生」を指す言葉である「教師」と「教諭」の違いって何でしょう?

「教諭」というのは、小学校、中学校、高校の正規のの教員のこと。
教育職員免許法による免許を受けた教員ということなのですが、かなり限定的、専門的にしか使われていません。
法律ではもちろん、この言い方になります。

「教師」となると適応範囲はもっと広くなって、塾の教師とか、家庭教師あるいは宣教師といった具合に、とくに教員免許を取得していない教育者にも使われるらしい。

つまり、「先生」の一部が「教師」で、「教師」の一部が「教諭」ということになるんですかね。

「先生」というと小中学校、教師というと高校、教諭というと大学という風に捕らえることが多いような気もしますが・・・あとは、保育園や幼稚園も「先生」かな。

意外と日本語って奥深いもんですねぇ。

英語じゃ、全て「teacher」になりますし。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

luca

なるほど〜、そんな違いがあったんですね(・∀・)
言われてみれば確かにそうだなって思いました。
by luca (2008-02-03 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。